あなたの家の光熱費っていくら? | 上越市の省エネ住宅のことなら横尾建設工業

COLUMN

本音で語る家づくり

2017.10.19

あなたの家の光熱費っていくら?

このニュースレターを読んでくださっている皆さまは、アパートにお住まいの方が多いと思うのですが、アパートだと部屋数も限られているので、あまり光熱費がかからないかもしれません。しかし、マイホームができると、どうでしょうか? 『BELS』(ベルス)で表示される、星★の数が 多いほど省エネルギーで、光熱費がかからないという国の公的機関で定めたランクがあるのをご存知ですか? この事前に、『BELS』(ベルス)を利用すれば国の公的機関が事前にあなたのマイホームの光熱費を教えてくれます。 あなたは、家が出来る前から自分の家の光熱費がいくらかかるかを知ることができます。これって、結構大事なことですよね。

2017.09.13

フラット 35 の新しいサービスについて

今回は「フラット 35」について、お話ししたいと思います。家づくりを意識している方の中で、ローンについて勉強したことのある方は多いと思います。 その中で、固定金利について勉強した 方は、「フラット 35」を耳にしたことがある のではないでしょうか? 「フラット 35」というのは、住宅支援機構 という国の機関が、提携先の銀行と、商品を作って販売するというものです。

2017.07.27

住宅資金を援助してもらったとき、何に注意すればいいの?

「家を建てると親に相談したら、資金を援助してくれることになった!」 このような方もいらっしゃるのではないで しょうか?今回は、皆さまから意外と質問の多い、「住宅資金を援助してもらったときのこと」 について、注意事項を交えながら、お話したいと思います。

2017.06.30

『これからお仕事をしよう』 とお考えの奥さま!ちょっと待ってください!

『これからお仕事をしよう』 とお考えの奥さま!「103 万円の壁」という言葉、一度は耳にしたことがあるかと思います。 この壁が、来年 ( 平成 30 年度 ) から、「150 万円の壁」に なることはご存知でしたか? 今回は次のような内容をご紹介します。 ①平成 30 年度から、「配偶者控除」が大幅変更 (103 万円 → 150 万円 ) ②配偶者控除の適用要件は 150 万円に引き上げ られたが、103 万円からは「所得税」がかかる ③130 万円からは、社会保険料がかかる。 ④住民税・所得税・社会保険料を加味すると、「130 万円未満ギリギリまで働く」ことが、手 取り金額が最も大きくなる

2017.05.18

お客様から多いご質問 その4

前回から引き続き、お客様からよくご 質問される内容をご紹介していきます。 今回は【4】地震にどの程度耐えられる家なのか? についてお話しします。 【1】住宅会社・営業マンの良し悪しの見分け方について 【2】家の価格や、その他の費用について 【3】暑さ・寒さに耐えられる家なのか? 【4】地震にどの程度耐えられる家なのか?

2017.05.23

安いのには、タネも仕掛けもある!(土地編)

良い土地をダントツに安くする購入するためには、まわりの方と同じようなやり方をしていたら、めぐり合う確率は非常に低くなります。 価格や坪数をみて誰もが「あ〜。高いな。無理だな」とあきらめてしまうような土地程、実は本当にチャンスのある土地なのです。

2017.05.08

お客様から多いご質問 その3

前回から引き続き、お客様からよくご質問さ れる内容をご紹介していきます。 今回は【3】暑さ・寒さに耐えられる家なのか? についてお話しします。 【1】住宅会社・営業マンの良し悪しの見分け方について 【2】家の価格や、その他の費用について 【3】暑さ・寒さに耐えられる家なのか? 【4】地震にどの程度耐えられる家なのか?

2017.04.06

お客様から多いご質問 その 2

前回から引き続き、お客様からよくご質問される以下の4つのうち今回は 【2】家の価格や、その他の費用について をテーマにお話したいと思います。 【1】住宅会社・営業マンの良し悪しの見分け方について 【2】家の価格や、その他の費用について 【3】暑さ・寒さに耐えられる家なのか? 【4】地震にどの程度耐えられる家なのか?

2017.03.21

お客様から多いご質問 その1

家づくりを考えている方々から 多く受ける4つの質問のうち 今回は【1】住宅会社・営業マンの良し悪しの見分け方について をテーマにお話したいと思います。 【1】住宅会社・営業マンの良し悪しの見分け方について 【2】家の価格や、その他の費用について 【3】暑さ・寒さに耐えられる家なのか? 【4】地震にどの程度耐えられる家なのか?

2017.01.30

『フラット 35』 子育て世帯優遇

今回は、まだ国土交通省での調整段階で、確実ではないのですが、皆さまの家づくりに影響 のあるお話をお伝えしたいと思います。国土交通省は、子育て世帯の住宅取得を後押 しするため、住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット 35」の金利を引き下げる新たな優遇措置を、2017 年度から導入します。 今は収入や貯蓄が少ない若い世帯でも、住宅 を購入できるようにして、子育てをしやすい環 境を整える狙いがあります。

2016.12.26

マイナス金利になるとどうなる?

「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入。昨年の1月 29 日、突然の発表に驚いた方も いらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、「マイナス金利の仕組みと今後 の影響」について、少し考えていきましょう。

2016.12.14

住宅資金の贈与に要注意!

来年の4月に予定されていた消費税率 10%へ の引き上げは、平成 31 年10 月までの2年半、 延期になることが決まりました。しかし、住宅 関連の税制は大きく変化しているので、 確認していきましょう。

CONTACT

無料相談・お問い合わせ

家づくりへの疑問や質問、お困りのことなど
お気軽にお問い合わせください。