『ローンの1年の重みを考える。借入の年数を丁寧に吟味する!』 | 上越市の省エネ住宅のことなら横尾建設工業

COLUMN

本音で語る家づくり

2020.09.13

『ローンの1年の重みを考える。借入の年数を丁寧に吟味する!』

皆さん、こんにちは。今年はお盆までは雨が多かったですが、お盆明けからは晴天続きで、一気に猛暑になりましたね。

2020.08.07

『洗濯物の乾きをコントロールする』

皆さん、こんにちは!ようやく梅雨も明けて、急に天気が良くなりましたね。でも、それにしても今年の梅雨は長かったですよね。梅雨が長かったので、我が家でも洗濯物の乾き具合は問題になりました。

2020.07.09

『水災害について、真剣に考える』

皆さん、こんにちは。7月に入って梅雨らしい日が続くと思ったら、九州地方では目を覆うような被害が出てしまいました。この大雨の原因は『線状降水帯』といって、発達した積乱雲が、帯状になって連続して移動する恐ろしいものです。長さ50km~300km、幅20km~50kmの広範囲に渡るので、被害を予測したり防ぐことは難しいようです。

2020.06.12

『夏対策の窓を真剣に考える!』

冬の寒さも問題ですが、夏の暑さも気になります。近頃の夏は、36℃以上になる日も多くひと昔前では考えにくい高温です。陽差しも、もはや痛さを感じます。住宅に目を向けると、断熱材・遮熱材・気密・窓(サッシ)の性能が重要になってきますが、今回は『 窓(サッシ)』についてフォーカスを当ててお話ししたいと思います。

2020.05.10

『団体信用生命保険について考える!』

さて今回は、『団体信用保険』=略して『団信(だんしん)』についてお話ししたいと思います。一般的な住宅ローンには、標準で団信が付いてきます。この団信の役割は、『死亡や高度障害になった時に、ローン残債が免除される』・・・というものです。分かり易くいうと、『借り入れするローン=同額の生命保険』の関係になっていて、生命保険でローン残債を精算する仕組みです。 

2020.04.22

『暖かい家に暮らすと、どれくらい健康になるのか?』(その3)

さて、前々回、前回からの続きで、暖かい家は経済的だけではなく健康にも良いですよ・・・というお話しの3回目です。 前回のおさらいですが、JSB(日本サステナブル協会)が、国土交通省と厚生労働省の監修の元、具体的な『数字(温度)』を発表しました。まとめると・・・

2020.03.12

『暖かい家に暮らすと、どれくらい健康になるのか?(その2)』

さて、前回からの続きで、暖かい家は経済的だけでは無くて健康にも良いんですよ・・・というお話の2回目です。今回も、より具体的な『数値』で、どのくらい健康に良いのかを表したいと思います。JSBC(日本サステナブル建築協会)が、国土交通省と厚生労働省の監修の元、具体的な数字を発表しました。この発表された数字を元に、前回の続きのお話しをさせて頂きます。

2020.02.20

『暖かい家に暮らすと、どれくらい健康になるのか?(その1)』

穏やかな冬と言っても、そこは雪国の上越ですから、当然寒い日もありました。以前、このコラムでも、暖かい家は経済的だけでは無くて、健康にも良いんですよ・・・というお話をしたことがあります。

2020.01.21

『家の断熱性が弱いと、エアコン嫌いになる?(その3)』

『家の断熱性能を一定基準以上にしないと、エアコンの良さが活用されない!』 エアコンによる暖房にかかる電気代は、実は一番安く、寒冷地専用エアコンを導入することによって冬のエアコンの弱点は克服できることを、前回・前々回のお話しでご理解頂けたかと思います。

2019.12.27

『家の断熱性が弱いと、エアコン嫌いになる?(その2)』

さて、先月号の続きです。暖房にかかるエネルギーコストは、エアコンが圧倒的に安い・・・そんなお話しをさせて頂きました。それでも、『エアコンでの暖房に抵抗を感じる。』 と言う方が結構います。その理由として、『暖かくないし、途中で温風が止まってしまう時間帯があるから。』

2019.11.21

『家の断熱性が弱いと、エアコン嫌いになる?(その1)』

さて、寒くなると当然ながら家の中だって寒くなります。どんなに高性能の家だって、熱源がなければ最終的には冷えてしまいます。 アパートに住んでいる方だと、灯油ファンヒーターで暖房している方が多いのではないでしょうか。『どうして、エアコンで暖房しないんですか?』と質問すると、こんな回答を頂くことが多いです。 ➀エアコンだと、電気代が高そうだから。➁暖かくないし、途中で温風が止まってしまう時間帯があるから。 なるほど・・・・ところで➀の、エアコンの暖房時における電気代って、高いんでしょうか?

2019.10.24

『洗濯を制すものは、時間と健康とコストを制す!』

今回は『お洗濯』についてお話しをしてみたいと思います。もう1ヶ月もすると、雪国上越では洗濯物を外に干せなくなる季節になりますね。3月末までの期間なので、かなり長い期間が室内干しになります。

CONTACT

無料相談・お問い合わせ

家づくりへの疑問や質問、お困りのことなど
お気軽にお問い合わせください。