『家の断熱性が弱いと、エアコン嫌いになる?(その1)』 | 上越市の省エネ住宅のことなら横尾建設工業

COLUMN

本音で語る家づくり

2019.11.21

『家の断熱性が弱いと、エアコン嫌いになる?(その1)』

さて、寒くなると当然ながら家の中だって寒くなります。どんなに高性能の家だって、熱源がなければ最終的には冷えてしまいます。 アパートに住んでいる方だと、灯油ファンヒーターで暖房している方が多いのではないでしょうか。『どうして、エアコンで暖房しないんですか?』と質問すると、こんな回答を頂くことが多いです。 ➀エアコンだと、電気代が高そうだから。➁暖かくないし、途中で温風が止まってしまう時間帯があるから。 なるほど・・・・ところで➀の、エアコンの暖房時における電気代って、高いんでしょうか?

2019.10.24

『洗濯を制すものは、時間と健康とコストを制す!』

今回は『お洗濯』についてお話しをしてみたいと思います。もう1ヶ月もすると、雪国上越では洗濯物を外に干せなくなる季節になりますね。3月末までの期間なので、かなり長い期間が室内干しになります。

2019.09.26

『基礎のコンクリートを長持ちさせる!』

さて今回は、基礎コンクリートについてお話ししたいと思います。今日お話しする内容は、基礎の構造や強度のお話しではなく、お家が完成してからのお話しです。

2019.08.20

『猛暑の今年、エアコンについて、いま一度考える』

こんな時はエアコンが欠かせません。最近、『エアコンが壊れたらどうしよう・・・』と本気で心配したりします。猛暑にエアコンが壊れたりすると、命に関わる話になりますので、エアコンについて色々お話をしてみたいと思います。

2019.07.15

『壁の中の結露は、とっても恐ろしい・・・壁内結露に気をつけてください!』

さて、今回は『壁内結露』についてお話ししたいと思います。(夏なのに!)先日、家づくりをご検討中のお客様(K様)からとっても興味深いお話をいただきました。K様は、会社の同僚達とも家づくりの情報交換をしています。そんな中で、ある同僚から以下のような話を聞いて心配になって、私にご質問をされました。その話とは・・・

2019.06.06

『みなさん、屋根の雪・・・きちんと考えた家づくりされていますか?(その2)』

さて今回は、『屋根の雪の処理』の2回目になります。前回の記事を書いた後、少し年齢が高めのお客様からの反響が多くて驚きました。大雪の怖さ・辛さを知っている世代の方には、とても響くものがあったようです。前回は、屋根の雪の処理方式について3つご説明させて頂きました。(1)融雪屋根方式(2)自然落雪方式(3)耐雪型屋根方式

2019.05.21

『みなさん、屋根の雪・・・きちんと考えた家造りされていますか?(その1)』

さて今回は、『屋根の雪の処理』について考えたいと思います。 5月に入って各地で真夏日を記録し始めているこの時期に、『屋根の雪??』と皆さんには笑われてしまうかもしれませんね。しかし、つい先日この話題を考えさせられる出来事がありました。

2019.04.21

『暖かい家で暮らすメリットを、健康面で真剣に考える(その2)』

さて今回は、『暖かい家で暮らすメリットを、健康面で真剣に考える』の2回目です。前回は、暖かい家に住むだけで、様々な慢性疾患が改善されたり、免疫力が向上するといった効果が科学的に証明されているといったお話しをさせて頂きました。

2019.03.26

『暖かい家で暮らすメリットを、健康面で真剣に考える 』(その1)

今回は、暖かい家で暮らすメリット、特に健康面から見たメリットを真剣に考えたいと思います。ところで、日本の家の高断熱住宅化は、欧米に比べて遅れていると言われています。この理由はいくつかあるのですが、暖かさに関する認識の違いと言われています。

2019.02.21

『消費税は10%になってから   建てた方がお得なのかも?』(その 4)

国が検討している消費税10% アップ後の景気落ち込み対策(住宅に関して)の4回目です。1・2回目は住宅ローン減税の延長について、3回目は住宅エコポイントの復活についてお話ししました。4回目の今回は、住まい給付金制度の見直し (強化)に ついてお話ししたいと思います。消費税が5%→8%へアップした際、『すまい給付金制度』がつくられました。この制度、知っている方がとても少ない地味な制度でした。(ちょっと色々問題点も多かった様に感じます。)

2019.01.20

『消費税は10%になってから建てた方がお得なのかも? 』(その3)

住宅エコポイントの復活・・・・・ についてお話しさせていただきます。実際には国土交通省と財務省が発行条件や規模を協議している状況ですが、住宅エコポイントが復活すると、皆さんにとっては大変頼もしい制度になることは間違いありません。 消費税が5%→8%にアップした際も、この住宅エコポイント制度が発行されました。 過去の「住宅版エコポイント制度」は、省エ ネ型住宅の新築やリフォームを行った場合に、商品やサービスと交換できるポイントが付与される制度で、新築住宅には一律 30万ポイント(30万円相当)が与えられました。

2018.12.05

『消費税10%になって建てた方がお得なのかも?』 (その 2)

国が検討している消費税10% アップ後の景気落ち込み対策(住宅に関して)の2回目です。前回は、住宅ローン控除が10 年以上延長して15年延長するのではないか? ・・・というお話しをさせて頂きました。今月号の予定では、住宅エコポイント復活のお話しをする予定でしたが、政府の税制改正の新しい情報が入ってきましたので、今月も引き続 き、消費税10%後の住宅ローン減税についてお話をしたいと思います。

CONTACT

無料相談・お問い合わせ

家づくりへの疑問や質問、お困りのことなど
お気軽にお問い合わせください。