新潟県上越市の注文住宅、一戸建て、ハウスメーカーなら横尾建設工業

STORY

犬も飼い主も超リラックス。自然が癒やすトリミングサロン

快適さと安全性を重視した、熟練トリマーならではの知恵

「たとえば心臓の悪い子(犬)ったら室温やシャワーの温度を低めにするとか、関節の悪い子らなるべく足を上げないとか、動物看護の経験を活かして仕事をしています」。藤岡さんは長年、動物病院の専属スタッフとして勤めたベテランのトリーさんです。元気なワンちゃんはもちろ病気などストレスをえた子でもリラックスしてトリミングを受けて欲しいと、戸建の人サロンを開業しました。

11畳の広々としたトリミング室に施術台が2台。大きな窓の外にはのどかな風景が広がり、室内は虫の声聞こえてきません。自然の静けさの中でお手入れが始まと、怖がりの子でもウトウトしだすのだそうです。

安全性にも十分配慮しました。ブルーの壁紙は藤岡さんの好みすが、ワンちゃんの体がはっきり見えるようにと犬の毛色になじまい色を選んでいます。照明の数が多いのもカットの手元十分に照らため。光のによって毛色の見え方がちがってくるので、蛍光と昼白色の2色を交互に配置するという工夫もあります

ベースとなる仕様は横尾建設の一般住宅じものですが、社長やコーディネーターの山口さんと相談しながらトリマーならではのアイデアを盛り込みました。「土地の問題やいろいろ要望もあって他の会社さんには断られまた。引受けてださったのは横尾さんだけ」と藤岡さん。イメージを具体的にえられず、現場で実物を見ながら調整することもあっ。「納得のいくまで打ち合わせしてくださったおかげで、思い通りの店にりまた」と感謝を表ます。

業の発端は、勤務先の院長先生から「病院を畳んときのとも考えておきなさい」と言われたことした。藤岡さんは新しい職場を探すよりも帰れる場所が欲しい」独立を選びました。家から近い土地にこわっも家族との時間を大切にしたいという思いがあったから。今は、長女が家ら自転車をこいで“ママ~”とお店を覗きにきます。ジュスを飲ん、カットしているのを眺め、飽きたら“バイバイ”って。これって理想。今、私はノンストレスです」。

 

CONTACT

無料相談・お問い合わせ

家づくりへの疑問や質問、お困りのことなど
お気軽にお問い合わせください。