新潟県上越市の注文住宅、一戸建て、ハウスメーカーなら横尾建設工業

STORY

2018年11月

家族の中心は、ゆったりLDK。ぜいたく間取りが快適さを実現。

多少面積が増えた分 堅実な資金計画でクリア

2LDKの借り上げ社宅に暮らし十年余りずっとここでいと考えいたご主人でし春中学生になるご長男のために部屋が必要だと思ったのと、かからマイホームを希望してい奥様ために一念発起しました。

LDKは約21畳。表面に無垢を張った足わり良いフローリングL字のソフたりと置か、いかにのんびりできそうです。キッチンとダイニングは横一並び、奥様は配膳がラクになったと喜んでいます。

くていいと思っていたのに、やり出すと欲が出て、上下合せて7坪ほど増えました。」ご主人。そう笑顔でせるのも横尾建設と綿密な資金計画があっこそ。打ち合わせの始めの頃はかなりの時間を金の話に費やし家計簿や源泉徴収票をもとにローンの借り方から生活費の使いにいたるまでアドバイスがあったと言います。車いつも貯金で買うという堅実なご主人も、これで安心して家づくりにのぞむことができました。設計も含めて打ち合わせは数十回。「まわりからは“何をそんなに話すの?”と驚かれましたが、逆に、数回で決められるものなのかなと。横尾さんは評判どおり丁寧でした。」

親御さんとの同居に備えた和室には横尾建設の提案を数多く盛りみました。訪問介護を利用する場合を考えて玄関脇に置き、トイレは目の前。防音壁を施し、階上には部屋をつくらず生活音に配慮しています

子ども部屋も、横尾建設からの提案人数分を用意しました。分の屋がなと帰省しにくいものだと。確かに私も、実家ではつも誰かの部屋を借りている。感がありますから」ご主人。

今はまだ、お子様たちは自分の屋よりも家中を駆け回るのに夢中です「イスに乗ってぐるんぐるんっているのを、“床が~”と思いながら見ています。」と苦笑いする様ですが、そんなぎやかな生で静か楽しが一つ。「家族が起きる前下でゆっくり、一人の時間を楽しんでいるんですよ。」「そうなの?」と驚くご主人に、「知らなかた?」と笑顔。うれしくて早く目覚めるのだそうです。

 

CONTACT

無料相談・お問い合わせ

家づくりへの疑問や質問、お困りのことなど
お気軽にお問い合わせください。